×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アンパンマンミュージアム 子供〜1情報!

アンパンマンミュージアム 子供〜1

カテゴリー :子供

 横浜みなとみらい21地区に位置する「アンパンマンミュージアム」は、絵本やTVアニメで子供に絶大な人気を誇る「アンパンマン」シリーズをモチーフにした複合施設です。

子供連れで楽しめる「アンパンマンミュージアム」は、「なかよしタウン」、「ふれあいタウン」、「わんぱくタウン」の3フロアからなる「ミュージアム」と、“アンパンマン”や“バイキンマン”などおなじみのキャラクターにちなんだ商品を販売・提供する「モール」で構成されています。「モール」区画には、セガがプロデュースしているカフェ&ベーカリー「ジャムおじさんのパン工場」や、セガトイズのぬいぐるみショップ「ふわふわ ぬいぐるみやさん」をはじめとした、グッズ販売店や飲食店が20店舗以上出店しています。

アンパンマンの施設といえば、1996年に高知県に開設された「香北町立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム」が有名で、現在も年間20万人の集客があるといいますが、今後は横浜にも子供と地元にアンパンマンの人気が根付いていくのか楽しみです。アクセスもみなとみらい線「新高島」駅から歩いて5分ほどですが、横浜駅東口からも歩ける好立地です。

横浜アンパンマンこどもミュージアム内には、市内の子育て支援情報の提供や主に乳幼児を対象とした各種相談を受け付ける「子育て情報スポット」(愛称=「あ・の・ね」)もあります。

コラム > アンパンマンミュージアム 子供〜1について書かれています。

アンパンマンミュージアム 子供〜2

カテゴリー :子供

 みなとみらい地区にオープンした「横浜アンパンマンこどもミュージアム」は、「敷地面積約6,800平方メートルに、劇場を併設した3階建てのミュージアム、飲食・物販など22店舗が出店するショッピングモールがあります。子供だけでなく大人もワクワクするアンパンマンワールドを体験できます。

さらにアンパンマンこどもミュージアムには、「アンパンマンヘアサロン」や「ジャムおじさんのパン工場」(ベーカリー&カフェ)もあります。入場料金は1,000円(小学生以下記念品付き、0歳児無料)で、営業時間は10時〜20時(ミュージアムは18時まで)。ショッピングモールの入場は無料になっています。

横浜アンパンマンこどもミュージアムの一つの目玉はなんと言っも、ショッピングモール・エリアの充実です。ショッピングモール・エリアには、めずらしいアンパンマングッズが勢ぞろいです。横浜アンパンマンこどもミュージアムにしかないグッズと食べ物に子供たちは満足するでしょう。

決まった時間になるとアンパンマンミュージアム「アンパンマン広場」の時計台下にアンパンマンがやってきます。ならべば握手もできるとあって、アンパンマン登場と同時に子供たちがどっと集まってきます。そして、アンパンマンは、スタッフのお姉さんたちと一緒に場内を周回します。

コラム > アンパンマンミュージアム 子供〜2について書かれています。

アンパンマンミュージアム 子供〜3

カテゴリー :子供

2007年4月、横浜みなとみらい地区にオープンした「横浜アンパンマンこどもミュージアム」。今も、連日多くの子供連れやアンパンマンファンで賑わっています

アンパンマンミュージアムのショッピング・モールで楽しみなのが、子供の大好きなキャラクターがいっぱいのおいしい食べ物です。特にキャラクターそのままの“パン”が食べられる「ジャムおじさんのパン工場」には食べるのがもったいなくなっちゃいそうなほどかわいらしいパンが並んでいます。

厨房がガラス張りになっているので、パン作りの工程を見学することができます。焼いているのは、子供たちが大好きなアンパンマンのキャラクターたちのパン。ふっくら焼きあがったアンパンマンのパンを見ていたら、まるでアニメの中のパン工場さながらの光景です。

ひとつひとつの中身が何なのかも気になります。2階のカフェではオリジナルドリンクも飲めます。天気の良い日には「アンパンマン広場」を見渡せるバルコニー席が気持ち良さそうです。

また、横浜名物の肉まんや、子供に人気のコロッケにもやっぱりアンパンマンのイラスト入り。肉まんは持ち帰りようの保冷バッグもオリジナルのイラスト入りなので、お土産に喜ばれそうです。

コラム > アンパンマンミュージアム 子供〜3 について書かれています。